(せん)(ぎょう)(しゅ)()って何?

《文法弱 26)~そうだ》

結婚(けっこん)している女性(じょせい)の中で、会社に行かないで家の仕事を(おも)にしている女性を専業主婦といいます。

このまえ、ラジオで面白いインタビュー(interview)を聞きました。その番組(ばんぐみ)のインタビューによると、ある(まち)男性(だんせい)が考える専業主婦とは、(おっと)より早く()きて(ちょう)(しょく)(よう)()し、()(がお)で夫を()(おく)ってくれる人だそうです。そして、掃除(そうじ)洗濯(せんたく)、買い物など、家の仕事を全部(ぜんぶ)やってくれて、夫が家に帰る時間には夕食(ゆうしょく)ができていて、笑顔で(むか)えてくれる(つま)がほしいそうです。しかし、その町の女性が考える専業主婦とは、自分で朝食を作って食べてから()かける夫を、ベッドの中から見送る妻だそうです。それから妻は、おそい朝ごはんを一人で食べて、昼は家でのんびり()ごしたり、習いごとを楽しん(【たのしむ】)だりする。そして仕事から帰った夫が、(さら)(あら)ったり、掃除をしたりして、妻の家事(かじ)()(つだ)う。この町の女性たちは、このような専業主婦になりたいそうです。

←戻る