世界の不思議(ふしぎ)

《文法弱 17)~か/かどうか》

世界にはまだ()(がく)では(せつ)(めい)されていない不思議なことがある。たとえば、エジブトのナイル西(せい)(がん)(のこ)るピラミッドは、()(げん)(ぜん)27〜23世紀(せいき)(つく)られたそうだ。その中で(もっと)も大きいピラミッドは、高さが147メートルあるクフ(おう)のものである。

このように、ピラミッドの多くは、いつごろ、(だれ)が作ったかは(せん)(もん)()調(ちょう)()によりわかっているが、(ほん)(とう)()(ゆう)はまだわかっていない。ある専門家は、「ピラミッドは、(はか)である。」と言っている。その理由は、ピラミッドからミイラが発見されていることや、その人がたいせつにしていたと思われる(ほう)(せき)などが見つかっていることなどだ。しかし、本当に墓かどうか、専門家たちの間ではまだ(はな)()いが(つづ)いている

また、UFO(()(かく)(にん)()(こう)(ぶっ)(たい))はどうだろうか。UFOは本当に存在(そんざい)するのか、それを知ることは難しい。なぜならUFOが本当に存在するという(たし)かな証拠(しょうこ)はないからだ。UFOがいったいどこから来るのか、誰が乗っているのか、(すべ)てが(なぞ)である。UFOには、()(きゅう)()(がい)(ほし)に住む()(ちゅう)(じん)が乗っていると信じる人は多い。あるいは、どこかの国が(ほか)の国に知られないように作った飛行機なのではないか、という人もいる。

このように、世界にはまだわかっていないことがたくさんある。あなたは、いろいろな世界の不思議について、どう考えるだろうか。

←戻る